hayabusa (filter / Dugem di barat / MEDHINA)

image

細々と19歳か20歳ごろにHIPHOP DJ、トラックメーカーとして活動を開始。 かつて東大阪に存在したセレクトショップ”KASBAH DES DUNES”オーナーとその常連であったKITAI,toruが開催していた屋内レイブ系オールMIXパーティー、MEDHINAにスタッフとして加入。

これを機にクルーとしての活動とFUNKOT DJとしてのキャリアをスタートさせる。 そしてRichiter、tagosaku、sumと共に関西唯一のDJチームであるDugem di barat DJ teamを発足。 日本のFUNKOT史に残るパーティーDUGEM DI OSAKA×DUGEM DI BARAT一周年、MEGA DUGEMを開催。 その入場記念として作成したMIXのプレビューが日本人FUNKOT DJとしては異例の10万再生を突破。

FUNKOT特集では3度Dommuneに出演。 The LasttrakやYuuyu Aensland達が参加したゆるふわRecords「IDOL GANG MAGIC」やPOEM CORE TOKYOなどのコンピ企画にも精力的に参加。 2013年「出れんの!?アケアタ!?」ではTOKYO CROWNとして人気投票に勝ち残る。Dugem di baratとして1stアルバムをリリース後、豪華プロデューサー陣が参加しているYOCO ORGAN EP [ JAMASINAI DAYS ]ではYUKEBAWAKARUSAをプロデュース。
NMDB×hayabusaのダブルネームEPを各種配信サイトでリリース。